水虫は日常生活の中で感染することがある病気です。その感染者数は相当な数がいます。ラミシール等を使って適切な治療を行わければ完治できません。ラミシールという水虫治療薬の紹介、水虫とはそもそも何かについて具体的にご説明します。

きれいな脚
  • ホーム
  • 「隠れ水虫」は女性にも多いって本当?

「隠れ水虫」は女性にも多いって本当?

「隠れ水虫」、実は女性にも多いと言われています。
水虫といえば中高年の男性に起こる皮膚病というイメージがあり、女性で悩んでいる方は少ないのでは?と思われるかもしれません。
女性であっても状況が揃えば、水虫を発症してしまいます。
また特に女性は水虫になった事を「恥ずかしい」と感じてしまい、病院を受診する事を避ける傾向にあるようです。
恥ずかしいと病院に行かずそのまま放置してしまう事で、隠れ水虫患者となってしまいます。

そもそも、水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で起こります。
カビ菌ですので、高温多湿の環境を好むのが特徴です。
女性が水虫になってしまう1つの要因として、「ストッキング」が挙げられます。
化学繊維で作られているストッキングは、通気性が悪く靴の中が蒸れやすくなります。
ストッキングを履いた上でパンプスを履くと、さらに靴の中の湿度は高くなってしまうでしょう。

通気性の悪いストッキングを履き続けた上に、自分の体温で靴の中の温度が上昇するとカビ菌が好む高温多湿状態となり、水虫になるリスクが高まります。
またストッキングだけでなく、冬場に履くブーツも女性が水虫になりやすい1つの要因です。
ブーツもストッキング同様、湿気が溜まりやすいのでカビ菌の働きを活性化させてしまいます。

ただ、冬場の寒い時期は防寒対策やファッション性の事も考えて、ブーツを履きたいという女性が多いでしょう。
このような場合は、1度履いたブーツは取り換える事をおすすめします。
1回履いてしまった靴やブーツを取り換える事で、靴の中が乾燥できカビ菌の増殖を抑制する効果があるので、水虫予防に効果的です。

仕事上、ストッキングを履かなくても良いという場合は、コットン製の靴下に変えてみましょう。
コットン製の靴下はとても通気性に優れているので、カビ菌が活動しやすい高温多湿の状態を解消する効果が期待出来ます。
そして、もし水虫のような症状を感じた場合は、恥ずかしがらずに病院を受診するようにしましょう。
水虫は皮膚科で治療できる皮膚病です。

足に付着したカビは24時間以内に洗うと死滅する

水虫は特に足の裏や指の間に起こりやすい皮膚病です。
水虫を発症する白癬菌というカビの仲間が、足の裏は特に付着しやすいため、発症しやすいと言われています。
カビ菌が皮膚に1度でもついてしまうと水虫になってしまうのでは?と、不安に感じる方も多いかもしれません。

カビ菌は皮膚についたからといって、すぐに感染する事はなく時間をかけて少しずつ、皮膚の角質層へと入り込んでいくものです。
一般的に皮膚に付着したカビ菌は、約24時間以内で角質層に到達し水虫を発症すると言われています。
ですので、水虫を予防したいのであれば24時間以内に1回、足の裏や指の間をケアするようにしましょう。

カビ菌を死滅させるには、足の裏や指の間を丁寧に洗うという基本的なケアが有効です。
洗う際に石鹸を使うとさらに死滅させる効果がアップします。
1日に1回、お風呂に入った時や出かけ先から帰った時などに、足の裏や指の間を丁寧に洗うだけでかなりカビ菌を落とす事が可能です。
ただ、石鹸を使い洗い流すだけなので、続けやすい予防法でしょう。

ただし、石鹸カスが皮膚に残ったままだと、カビ菌のエサになってしまう危険性があります。
余計にカビ菌を増殖させる事になってしまうので、石鹸カスや泡はしっかり洗い流すようにしましょう。
また、洗い流した後は乾いたタオルで、丁寧に水気を拭き取るのも欠かせません。
指の間など細かい部分は、水分の拭き取りが甘くなりがちですが、水分が残った状態だとカビ菌が好む湿気が高い環境となってしまいます。

丁寧に足の裏から指の間、1本1本水分を拭き取るようにする事も水虫予防に効果的です。
タオルを使い回しする方もいますが、白癬菌が付着している恐れがあるので毎回洗うようにしましょう。

関連記事