水虫は日常生活の中で感染することがある病気です。その感染者数は相当な数がいます。ラミシール等を使って適切な治療を行わければ完治できません。ラミシールという水虫治療薬の紹介、水虫とはそもそも何かについて具体的にご説明します。

きれいな脚
  • ホーム
  • ニゾラールやラミシールなどの水虫薬はネット通販で!

ニゾラールやラミシールなどの水虫薬はネット通販で!

水虫は、足などに生じる白癬菌感染症のことをいいます。
白癬菌とはカビの一種で、皮膚の角質層に寄生することによって引き起こされます。
白癬菌は足だけではなく手や身体などにも感染することがありますが、高温多湿の環境を好むので足に発症することがほとんどです。

水虫は男性がなるものというイメージがある人も多いと思いますが、性別を問わず感染することがあります。
一日中靴を履く仕事をしている人などは足が蒸れやすいので、白癬菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。
そのため靴を履いている時間が長いと、白癬菌が活発になり水虫になりやすくなります。

水虫になってしまうと皮膚が白くふやけたり、小さい水泡がいくつもできてジュクジュクとなったりします。
非常に強い痒みを伴うのが特徴です。
足の裏が乾燥して皮がむけるタイプの水虫もあります。
水虫の治療には、主に外用薬が用いられます。
外用薬には幾つかの種類があり、ローションタイプの薬やクリームタイプの薬、スプレータイプの薬などです。
水虫の治療薬として知られている代表的な薬を挙げると、ニゾラールとラミシールがあります。

ラミシールは、真菌を殺菌する作用のある薬です。
水虫を引き起こす白癬菌は、真菌の1つに分類されます。
ラミシールにはテルビナフィンという有効成分が含有されており、白癬菌に対して非常に効き目がある成分です。

ニゾラールにも真菌を殺菌する作用があり、ケトコナゾールという成分が有効成分とされています。
水虫の治療には、長い期間が必要なことが分かっています。
白癬菌が寄生していた角質層が新しい細胞によって押し出され、剥がれ落ちるまでの期間は外用薬を塗布する必要があります。
最低でも1か月から2か月程度は完治するまでにかかります。
また、症状が無くなった後もしばらくは外用薬を塗布する方が良いとされています。
痒みなどの症状が無くなったと思って薬を止めてしまうと、再発してしまうことがあるからです。

個人輸入では様々な治療薬が豊富に揃っていて便利

水虫を治療するには、病院で処方箋をもらって薬局などで手に入れる方法とネット通販などで個人輸入する方法があります。
ネット通販の個人輸入には、ニゾラールやラミシールなど様々な種類の薬が豊富に揃っています。
そのため便利に利用することができます。
ネット通販の魅力は、薬を購入するのに恥ずかしくないというところにあります。

水虫は中高年の男性がなるイメージを持っている人も多いので、女性の場合には病院で診察を受けるのはハードルが高い感じる人も多いのではないでしょうか。
病院に行く手間もかかります。
恥ずかしいからと、診察を受けるのをためらってそのまま放置してしまうという人も少なくありません。
しかし、水虫はきちんと治療をしないと、ますます症状が悪化してしまいます。

ネット通販の個人輸入であれば、購入するのに処方箋が必要ありません。
病院まで行く手間を省くことができますし、恥ずかしくないので気軽に購入することができます。

また、個人輸入には様々な治療薬があるので、自分に合わせた薬を自由に選ぶことができます。
例えば、ローションタイプの方がクリームタイプよりも浸透力が高いので、皮膚が厚くなっている部分にはローションタイプの方が適しています。
ただ、その分刺激も強いので、皮膚がジュクジュクしているような場合にはクリームタイプの方が向いていると言われています。

ネット通販の個人輸入であれば、忙しくて病院に行く時間がないといった人でも便利に利用することができます。
病院は平日や土曜日にしか開いていないこともあり、夜間や日曜日には診察を行っていないことも多いものです。
ネット通販の個人輸入は、平日や昼間に病院に行けないという人に適しています。

関連記事