水虫は日常生活の中で感染することがある病気です。その感染者数は相当な数がいます。ラミシール等を使って適切な治療を行わければ完治できません。ラミシールという水虫治療薬の紹介、水虫とはそもそも何かについて具体的にご説明します。

きれいな脚
  • ホーム
  • 水虫の感染をぐ防ぐための足ケアについて

水虫の感染をぐ防ぐための足ケアについて

水虫にならないためには、日頃から予防や対策をしっかり行っておく必要があります。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に入り込む事で起こす皮膚病です。
カビの仲間という事もあり白癬菌は、高温多湿な環境を好みます。

通気性の悪いナイロン製の靴下を履いたり、その上から同じく通気性の悪い革靴などを履いてしまうと、靴の中は汗で蒸れてしまい白癬菌が好む高温多湿状態になってしまい、水虫を発症するリスクがアップします。
長時間、靴を履く機会が多いという方はナイロン製ではなくコットン製の靴下に変えるなど工夫を行い、靴の中が出来るだけ蒸れないような対策を行いましょう。

また、足を洗うといった基本的なケアも白癬菌の感染予防に有効です。
白癬菌は水で洗い流せば落ちてしまうので、毎日石鹸で足を洗うようにしましょう。
この時、石鹸カスが皮膚に残っていると白癬菌のエサとなってしまうので、しっかり洗い流すのがコツです。
足を洗った後は指の間1本1本の水分をタオルで拭き取り、乾燥させるのも水虫対策として効果的です。

もし、家族に水虫患者がいるという場合掃除を徹底的に行うようにしましょう。
水虫患者の方が素足で歩いた床やカーペットなどには、白癬菌を含む角質が多く落ちています。
この上を水虫ではない家族が歩いてしまうと、白癬菌が皮膚に付着し感染するリスクがアップします。
こまめに掃除機をかけて床やカーペットを清潔に保つ、または洗えないカーペットなどは天日干しをして乾燥させるように心がけましょう。

スリッパや足ふきマットなども、常に清潔さをキープする事をおすすめします。
スリッパや足ふきマットは時に感染源となりやすいので、もし水虫患者が家族にいた場合は共用しないようにしましょう。
もちろん定期的に洗うなどして白癬菌を洗い流す事も大切です。
水虫は足に裏を丁寧に洗う、カーペットなどの掃除を怠らないようにするなどの対策を行えば、大幅に感染のリスクを抑えられます。

自宅で注意していても共同施設で水虫に感染することもある

治療を行っても再発してしまうケースが多い「水虫」、出来るだけ発症したくないものです。
しかし、足の裏を洗う、掃除をしっかり行うといった自宅で出来る予防を行っていたとしても、外出先で水虫を引き起こす白癬菌に感染してしまうケースもあります。

外出先で水虫に感染するリスクが高いのが「共同施設」です。
スポーツクラブやゴルフ場、銭湯や温泉といった施設でシャワーやお風呂に入る事も少なくありません。
シャワーを浴びたりお風呂に入る時は当然、素足となります。
靴下や靴を履いている時のように、皮膚が直接床などに付着しやすいので白癬菌に感染する確率が高くなるようです。

また、このような共同施設に設置されている足ふきマットには、ほぼ100%の確率で白癬菌が付着していると言われています。
不特定多数の方が使用する施設なので、水虫患者の方が利用した足ふきマットが置いてあるかもしれません。
見た目には清潔な足ふきマットや床部分にも、目には見えない白癬菌がうじゃうじゃといる可能性があります。

このような共同施設を利用したら、白癬菌が皮膚に付着している可能性が高いです。
水虫になってしまう前に、しっかり白癬菌を洗い流すようにしましょう。
共同施設の足ふきマットを利用したり、床の上を素足で歩いたからといって、すぐに白癬菌に感染してしまう事はありません。

帰宅してからお風呂場で足を洗えば、十分に白癬菌を落とす事が出来ます。
足の裏から指の間まで丁寧に洗うのが水虫予防のコツです。
共同施設は水虫に感染しやすい環境が整っていますが、洗い流して足の裏や指の間を清潔に保つ事さえ守っていれば、外出先で白癬菌に感染してしまうというリスクはほぼ無いでしょう。

関連記事