水虫は日常生活の中で感染することがある病気です。その感染者数は相当な数がいます。ラミシール等を使って適切な治療を行わければ完治できません。ラミシールという水虫治療薬の紹介、水虫とはそもそも何かについて具体的にご説明します。

きれいな脚
  • ホーム
  • 水虫の治療薬で市販薬と医薬品では何が異なるの?

水虫の治療薬で市販薬と医薬品では何が異なるの?

そもそも水虫とは、皮膚の肌の外側にある角質層に白癬菌が繁殖することによって引き起こされる病気です。
この白癬菌が人間の肌であらゆる成分を代謝します。
そして、その成分によって体内でアレルギー反応が生じ、かゆい症状が出たり皮膚が湿ってジュクジュクしたりします。

そんなやっかいな水虫の治療には、抗真菌薬というお薬が必要となってきます。
抗真菌薬の真菌とはいわゆるカビのことです。
そのカビに対抗するためのお薬なので抗真菌薬と言います。
白癬菌はカビの1種のため、水虫の症状が出る場所にカビが生えている状態となっています。

このカビである白癬菌の活動を弱めるために、ドラッグストアなどが購入できる市販薬や、医師の診断を元に処方される医療品など多くのお薬が販売されています。
市販薬と医療品に含まれている成分の違いについては、売られているお薬によって多少の差はありますが、ほとんど差はありません。

さらに言うと、もともと医薬品だった抗真菌薬が市販薬として販売されることが許可されているお薬もあります。
スイッチOTC(OverTheCounterの略で一般用医薬品のこと)と言って、カウンター越しに購入できるようになった抗真菌薬もあるからです。
そのため、処方箋がなくても薬局やドラッグストアなどで、病院に行ってもらえる抗真菌薬と同じお薬が購入できます。

ここで、水虫対策に効力があると期待できる、医薬品と市販品の両方に含まれている成分を見ておきましょう。
ラノコナゾール、ミコナゾール、ブテナフィン塩酸塩の3種類です。
市販薬を購入して水虫の完治を目指す場合は、この3種類の成分の内どれかが含まれていて自分に合う水虫のお薬を購入するようにしましょう。
ただし、手に入れたとしても使い方を間違えてしますと、治ったはずの水虫が再発してしまう事があります。

なぜ再発してしまうのかと言うと、症状が治まっても原因菌である白癬菌が完全に死滅したわけではないからです。
薬を使っても、菌が弱っているだけで、なくなったわけではありません。

再発の防止をするためには、働きが弱まっている原因菌が住み着いた皮膚から、新しい皮膚に生まれ変わるまでの間、お薬を根気よく使うようにしましょう。
だいたいの期間は、症状が治まってから約1~2ヵ月間と言われています。
ちなみにですが、この使い方は市販薬でも医療品でも同じことがいえます。

市販薬を使用して水虫が悪化することもある

市販薬を使って水虫の症状が良くなるどころか悪化させてしまう人もいます。
主に考えられる原因は、「購入するお薬を間違えている」か「そもそも水虫ではないのに抗真菌薬を使用している」かの2つの可能性があります。

なぜ購入する薬を間違えてしまうのかというと、同じ白癬菌でも40種類以上が確認されていて、そのうち水虫の原因となるのが約10種類いると言われています。
そのため、他の白癬菌には効力がある薬を試したとしても、自分の水虫を引き起こしている白癬菌に対応できるとは必ずしも言えません。
他の人が勧めてきたとしても当てにならないことが多いので、口コミ情報や他の人の意見は少しだけ参考にする程度にした方が無難でしょう。

次に水虫だと勘違いをしている理由についてです。
足がかゆいから水虫になったと思い込んでいる方が大勢います。
実は、日本人の約40%が水虫以外の病気を水虫だと勘違いしている研究発表もあるくらいです。
足にかゆみの症状が出る病気には、足白癬(水虫のこと)以外にも異汗性湿疹や接触皮膚炎など他にも多くの可能性が考えられます。
そのため、足がかゆいという理由だけで抗真菌薬を購入し、水虫を悪化(厳密には水虫ではなく他の病気)させてしまうケースも多くみられています。

水虫が悪化してしまった時の対処法としては、薬を変えるか皮膚科の医師に相談することが大切です。
自分で選んで市販薬を購入する場合は、どの成分が患者さんに効くかどうかは、試してみないと分からないこともあります。
そのため、自分が使っているお薬に効力が感じられないと思ったら、3つの成分(ラノコナゾール、ミコナゾール、ブテナフィン塩酸塩)の内使用していたお薬の中に含まれていない他の成分が入っているお薬を試してみると良いです。

また医師に相談して、自分の水虫治療に適した医薬品のお薬をもらうことも選択肢の中に入れておいた方が良いでしょう。
一度皮膚科の病院に行って医師の診断を受けてみることも大切です。

関連記事